交通事故

1 当事務所の取り組み

当事務所は、交通事故案件に重点的に取り組んでいます。
交通事故紛争は、現在の社会生活において日常的に発生しており、裁判例も多く集積しています。一方で、過去の裁判例と全く同一の事故は存在しませんので、紛争解決にあたっては、個別の事案の特徴を適切に把握し、分析する必要があります。
そのためには、法律知識だけではなく、ときには自動車工学や医学に関する知見を駆使することが必要となります。例えば、過失割合が問題となっている事案において、自動車工学に関する知識をもとに、車両の損傷の程度・角度等から、事故態様を推測することができる場合があります。人身損害を適切に算定するにあたっては、被害者の傷害の程度、治療法等を把握したり、後遺障害等級認定手続を行う必要がありますが、そのためには医学的知識が不可欠です。実際、訴訟手続において、カルテを取り寄せて分析検討し、証拠提出することは珍しくありません。

当事務所に所属する弁護士は、長年にわたって継続的に交通事故案件を受任しており、交通事故の紛争解決について多くの実績を有しています。そのなかで、自動車工学や医学に関する文献にあたり、専門家と協力し、ときには自動車工学や医学的分野に関する研修を受けるなどし、日々研鑽に励んでいます。

2 費用

当事務所の交通事故の初回相談(60分)は無料です。相談後に、弁護士に事件を依頼するかどうかを決めていただきます。
弁護士に事件を依頼する場合、弁護士費用の負担が発生します。弁護士に依頼して賠償金を得たものの、それよりも高い弁護士費用を負担しなければならないとすれば、本末転倒です。
当事務所では、交通事故案件を受任する前に、見込まれる賠償額及び弁護士費用を試算し、弁護士に依頼するメリットがあるのか否かについて、見通しをお伝えします(あくまで見通しであり、試算を確約するものではありません)。その上で、当事務所にご依頼いただくか否かを検討いただいています。
なお、相手方から確実に賠償金の回収が見込まれる事案(典型的には、依頼者が人身事故の被害者で後遺障害等級の認定を受けており、相手方が任意保険に加入している場合)については、着手金0円(着手金相当額は事件終了時に報酬金としてお支払いいただく)の完全成功報酬制のプランもご用意していますので、ご相談下さい。