離婚

離婚

 

離婚する場合、離婚について合意し、夫と妻がそれぞれ署名押印した「離婚届」を役所に提出すれば、離婚が成立します(協議離婚)。
但し、未成年のお子さんがいらっしゃる場合には、親権者を父と母のどちらにするのかを決めなければいけません。
また、慰謝料や財産分与の問題、お子さんの養育費やお子さんとの面会の問題などについての取り決めが必要になる場合もあるでしょう。
そして、離婚について当事者間で合意ができない場合には、家庭裁判所での調停や裁判で離婚を求めることになります。

このような離婚に関する問題についてのご相談、さらに交渉・調停・裁判での代理人として、弁護士がお手伝いいたします。

弁護士費用について